建築会社の選び方:新築「建築家」

  • LINEで送る

建築家ってなんでしょう。

設計事務所で働く建築士ですね。

なんとなくデザインに強い感じがしますね。

これがまた建築家を選択するのは難しいです。

大体は、事例を見ますよね。建築家マッチングサイトもありますし、最初は好きなデザインから選んでいくのはよいです。

面倒くさいし、そんなにデザインに拘りたいとは思わない人はハウスメーカーとか行ってもらえばいいのですが、色々と拘りたい人はやはりプランニングや設計をしっかりやってもらえる、「建築家」から入ったほうが良いと思います。

しかし、その建築家を選ぶのが一苦労だと思ってください。

限りなく予算のある方は別ですが、

予算の範囲で夢を実現したい人は、予算を守って提案してくれる人を選ばなくてはなりません。

大体はまず想いの丈をすべて語ってください・・といって、話を膨らませ、結果見積もりをしたらとんでもない金額になってしまうなんて話は普通なんですから・・。

なので、建築家に家を頼みたい人は、まず自分のやりたいことを明確にして先に伝え、それが実現可能なのかを確認してから進みましょう。

広さ、予算、設備、素材、構造、断熱などの性能、エクステリアなどすべて予算に反映してきます。

始めは間取りやデザインのイメージが先行してしまうので、デザインが決まってから、実は寒いです・・とか、耐震性は考えてないです・・という話しがでたりして・・。

性能は大事です。

お風呂や洗面、キッチンも拘りだしたらキリがないです。

予算管理をしっかり考えて進まないと、もう一度プランをやり直さなければならなくなるのです。

時間も勿体ないし、なにより一度理想の形を作ってから妥協していくのは精神的に凹みます。。

建築家さんにも素晴らしいい方も多くいるので、一概には言えませんが、比較的お金よりお客様の憧れの暮らしを実現させたいと思って一生懸命プランしてくる人の方が多いように思います。

いい建築家の条件は

1、工事費がわかっている

2、施工方法がわかっている

3、資金計画がしっかりできる

4、提案がしっかりできる

お客様の言いなりになるのではなく、お住まいになるご家族の真の目的を引き出し、予算の中で最大限実現できるような

提案がしっかりとできる人です。

ですが、完璧な方はしっかりと設計管理費を取りますので、リーズナブルに仕上げたいということであれば

住む家族の真の目的を明確にし、意見を合わせ、要望し、意思決定を早くするということが大事だと思います。

 

建築家の選び方相談したい方はこちらまで↓

http://www.styleoftokyo.jp/lp2/form.php?id=275&page=study

  • LINEで送る